top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

【実例集】中古住宅のリフォーム前にやっておいて良かったこと!

近年人気の高まっている中古住宅リフォームですが、「予算内に収まらなかった」「理想とはほど遠い家になった」という声も少なくありません。リフォームは規模によっては何百万もかかるため、誰しもが失敗したくないと思うでしょう。


そこで今回は、実際に中古住宅をリフォームした方からお聞きした「リフォーム前にやっておいて良かったこと」を紹介します!ぜひ参考にして、後悔のないリフォームにしてくださいね。


事例1 情報収集をし希望のリフォームイメージを明確にする


Yさんは熊本市内で一軒家を所有していました。古くなってきたキッチンとリビングをリフォームしたいと思っていましたが、具体的なイメージがわかずに迷っていました。


そこで山田さんは、ネットやSNS、雑誌などからインテリアの情報を集め、自分たちの好みや希望を整理しました。また、リフォーム業者との相談を通じて、具体的なアイデアを形にするためのアドバイスを受けました。その結果、リフォームが進む中で迷うことなく、理想的なキッチンとリビングを実現することができました!


事例2 予算内でのリフォームを実現するための計画


熊本県外から引っ越してきたSさん夫妻は、中古住宅の購入&リフォームを検討していました。ただ、新生活に向けての費用もかかるため、予算をオーバーすることなくリフォームを進めたいと考えていました。


そこでSさん夫妻は、まずリフォームの範囲と予算を明確にしました。そして複数のリフォーム業者に見積もりを出してもらい、予算内で希望のリフォームを実現できる提案を受けました。これにより、予算オーバーを心配することなく、満足のいくリフォームを行うことができました。


事例3 建物の状態を詳しく調査する


Tさんは数年前、熊本市内にある築年数の経った一軒家を購入しました。リフォームを考えていましたが、建物の実際の状態がどれほどなのか正確に把握できていませんでした。


そこで鈴木さんはリフォーム前に建築の専門家に依頼し、建物の点検と評価を受けました。その結果、隠れた損傷や老朽化が見つかり、それに対する対策のアドバイスを受けることができました。そしてこの情報をもとに、必要な修繕とリフォームの計画を立てることができました。


事例4 専門家への早めの相談


熊本市郊外に住むUさんご家族の家は、子供たちが成長するにつれてスペースが足りなくなってきました。そこで、増築リフォームを検討することになりましたが、どのような手続きが必要なのか分からず、不安でした。


そこでUさんは、建築士やリフォーム業者に相談しました。専門家からのアドバイスを受けながら、必要な許可や手続き、予想される工程や費用などを把握しました。これにより、スムーズな手続きと進行を実現し、理想の増築リフォームを成功させることができました。


入念な資金計画を立て信頼できる業者に依頼しよう!


これらの実例からわかるように、リフォームを前にしっかりと準備をすることで、迷いやトラブルを最小限に抑え、満足のいく結果を得ることができます。


入念な資金計画を立て信頼できる業者に依頼することを念頭におき、まずは情報収集から始めましょう!

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page