top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

梅雨の時期に外壁塗装はできる?これさえ守ればOK!注意したいポイント

こんにちは!熊本の中古住宅リフォーム専門店、ひまわり建設です☆


熊本は先日、梅雨入りしました。毎日ジメジメした日が続きますね。梅雨の時期は湿度が高くなるので外壁塗装には向いていないといわれていますが、スケジュールの都合上どうしてもしなければならないという場合があるかもしれません。そんなとき、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。


今回は、梅雨の時期に塗装工事を行う際に注意すべきポイントについて解説します。


なぜ梅雨は外壁塗装に向いていない?

梅雨時期の外壁塗装が向いていない最大の理由は、雨の影響です。


雨が降っている中で塗装工事をすると、塗料の上に雨水が付着し、その部分が溶けてしまいます。溶けた箇所は塗りムラや斑点になってしまうので、再度上から塗り重ねなければなりません。また、雨が降っていなくても湿度が高い環境下では乾燥に時間がかかってしまいます。


そのため、雨の日は工事を中断する業者がほとんど。場合によっては何日間も工事が停滞することがあります。このような理由から、梅雨の時期の外壁塗装は避けるのがベターなんです。


梅雨時期の外壁塗装にはメリットもある!

しかし、梅雨時期の外壁塗装にはメリットもあります。


割引キャンペーンを行う業者もいる


梅雨時期の塗装工事は需要が少ないことから、値引きキャンペーンを行って利益を確保する業者もいます。工事期間よりもコストを優先させたい場合は、梅雨時期がおすすめだといえます。


予約を取りやすい


梅雨の時期は塗装工事を避ける人が多いため、業者のスケジュールも空きやすくなります。そのため、梅雨はほかの季節よりも工事の予約が取りやすいんです。



梅雨に外壁塗装をするときの注意点

梅雨の時期でも塗装工事ができるのは、次にあげる注意点を守ることが前提にあります。


1.雨天時の塗装作業はNG


塗料に雨水が入ったり、湿気が多い中で塗装したりすると、仕上がりの品質が下がってしまいます。しかし、工期を短縮させようと、雨天時でも工事を進める業者がいるので注意!


梅雨の時期でも良い塗装工事をしてくれる業者を見極めるポイントは↓↓


①工事中、2重チェックを行う

②作業の報告が丁寧

③保障やアフターフォローがしっかりしている


2.雨上がりは乾燥状態をチェックする


雨が降っていなくても、外壁の表面に水分が残っている場合があります。水滴が残っている状態で塗装を行うと膨れ、剥がれ、ムラなどの原因になるので、きちんと乾燥しているか確認してから工事を進めましょう。


最後に

梅雨時期の外壁塗装は避ける方がベターですが、注意点さえ守ればしっかり塗装できます。


梅雨の時期限定のキャンペーンなどを行っている業者もいるので、コスト重視の場合は、梅雨の時期に塗装しても良いでしょう。


ただし、今回紹介した2つのポイントを守ったうえで、対応がしっかりしている業者を選ぶことが大切です!

閲覧数:11回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page