top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

【賃貸VS購入】未来50年の住居費を予測してみました!

購入と賃貸、長期間で見るとどちらがお得なのか。これは多くの人が抱える疑問です。その答えを求めて、50年間の住居費を比較してみました。この記事を通じて、自分のライフプランに合わせた最適な選択を見つけられたら幸いです!


購入と賃貸それぞれのメリット・デメリット


「家を持つ」あるいは「家を借りる」、どちらの選択も一長一短があります。


​賃貸のメリット・デメリット

メリット


住み替えが容易

修繕費の心配が少ない

経済的な変動時に住居費を調整できる


デメリット


家賃を払い続けても資産にはならない

自由なリフォームが難しい

セキュリティ・設備のグレードが一定でない

購入のメリット・デメリット

メリット


老後の資産として活用できる

自分好みのリノベーションが可能

住宅ローンを早期完済すれば住居費の負担が軽くなる


デメリット


購入後の転居が制限される

初期費用や維持費、税金がかかる

住宅ローンの返済が負担になる場合がある


50年間のトータル費用、大きな違いは?

物件の立地や面積、仕様などが同じ場合、賃貸と購入の50年間の総住居費はほとんど差がありません。しかし、賃貸では50年後に物件は残りませんが、購入した家は持ち続けることができます。


賃貸の良さは、生活の変化に合わせて住居を変える自由さ。しかし、老後の生活資金の確保が必要です。購入の場合、初期投資は必要ですが、ローンの完済後は住居費が大幅に減少します。


「住居のための貯蓄」は、賃貸でも購入でも必要です。特に、子どもが生まれる前や独立する前後の時期が貯蓄のチャンスといわれています。


自分のライフプランに合わせて選ぼう

賃貸と購入、それぞれにはメリットとデメリットがあります。


賃貸は、ライフスタイルの変化に合わせて住環境を選べる自由さが魅力。また、老後の家計計画がしっかりできる人にもおすすめです。


一方で、購入は一定の場所での安定した生活を望む人、将来のビジョンがはっきりしている人に向いているでしょう。


購入と賃貸、どちらも一長一短。自分の価値観やライフプランに合わせて、最適な選択をしてみてください。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page