top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

熊本の賃貸物件における7月の空室対策で意識したいポイントや注意点

こんにちは!熊本の空室対策・賃貸経営サポートのひまわり建設です☆


梅雨真っ只中ですね。時折訪れる晴れ間はジメジメしていて、すっきりしない天気が続いている熊本ですが、暑い季節に入ると、物件の入居率が低下する可能性があります。ですから本格的な夏に入る前に、しっかりと空室対策をしておきたいところ!


今回は熊本の賃貸物件における7月の空室対策についてご紹介します。


クーラーのメンテナンスを徹底する



7月は気温が上昇し、暑さが厳しくなる時期です。入居者が快適に過ごせるように、物件内のクーラーのメンテナンスを徹底しましょう。定期的なフィルターの清掃やエアコンの点検を行い、冷房を長持ちさせることが重要です。また、エアコンの設定温度や風量などを調整することで、電気代の節約にもつながります。


給湯器の点検と利便性の向上


夏場でも温水を必要とする場面はありますので、給湯器の点検も怠らないようにしましょう。お湯の温度や水量の調整がスムーズに行えるようにすれば、入居者の利便性も向上します。熱いお湯や水漏れなどの問題があれば早急に修理を行い、快適な環境を提供しましょう。


室内の清潔さを重視



暑い季節は汗をかきやすいため、室内の清潔さが重要となります。定期的な清掃や換気を行い、ニオイや湿気の発生を抑えましょう。特にキッチンやバスルーム、トイレなどの水回りは清潔さに気を配る必要があります。清潔な環境は入居者の快適性を高めるので、空室のリスクを減らします。


室内の照明とエクステリアの工夫



明るく開放的な室内環境は、入居者にとって魅力的な要素。照明の選択や配置に工夫を凝らし、涼しさを感じる雰囲気を演出しましょう。また、エクステリアのデザインにも気を配り、物件の外観を魅力的にすることで、入居者の興味を引くことができます。


イベントやキャンペーンの実施


7月は夏休みやイベントが盛りだくさん。この機会を活用して、物件の魅力をアピールするイベントやキャンペーンを実施しましょう。例えば、入居者への特典や割引、家具や家電のプレゼントなど、魅力的な特典を用意することで、空室対策に一石を投じることができます。


夏の熊本の空室対策のことならひまわり建設へ!



熊本は盆地であるため夏は湿気がこもりやすく、ジメジメさが強まる地域です。湿気は不快感を与えるだけでなく、カビの発生にもつながるので、空室の湿気対策もしっかり行いましょう。


夏は一年の中でも空室が埋まりにくい季節なので、入居者の快適性や興味を引くための工夫が重要です。ぜひ今回紹介したポイントを押さえて、入居率を向上させましょう!

閲覧数:5回0件のコメント

Σχόλια

Βαθμολογήθηκε με 0 από 5 αστέρια.
Δεν υπάρχουν ακόμη βαθμολογίες

Προσθέστε μια βαθμολογία
bottom of page