top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

熊本の空き家を活用する際の注意点

昨今増え続けている空き家。熊本は全国的にも空き家が多く、「親から相続したけど遠方だから管理ができない」「すでにマイホームを持っていて、親が住んでいた家をどうするべきか悩んでいる」など、管理や活用に悩む人も少なくありません。


熊本での空き家を有効に活用するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。今回は、空き家の管理や活用に悩んでいる方へ、役立つ情報をお届けします。


空き家の定期的な点検・保守

熊本の気候は四季がはっきりしており、特に台風や地震などの自然災害にさらされることがあります。空き家の管理では、定期的な点検と保守が欠かせません。屋根や外壁、排水システムなどの設備を点検し、必要に応じて修繕を行いましょう。


地域の賃貸市場調査と適性な家賃設定

空き家を賃貸物件として活用する場合、地域の賃貸市場を調査し、適正な家賃を設定することが大切です。家賃を適正に設定することで、長期間の入居者を確保しやすくなります。


空き家保険の検討でリスク軽減


空き家には火災や盗難のリスクが潜んでいます。熊本では空き家保険が提供されており、リスクを軽減するために活用できます。保険の内容や料金について、保険会社と相談して適切なプランを選びましょう。


不動産管理会社との連携

空き家の管理を専門的に行ってくれる地元の不動産管理会社と連携することで、空き家の適切な管理が可能です。会社の選定に際しては、信頼性や評判を確認しましょう。


地域資源として活用するアイデアを考えるのも◎

空き家は地域資源としても活用できます。地域づくりに貢献するために、コミュニティスペースやゲストハウスとしての活用、地域イベントの開催など、新たなアイデアを検討しましょう。


空き家対策の助成金や補助金の利用


熊本県では空き家対策のための助成金や補助金が提供されています。これらの制度を活用することで、空き家のリノベーションや改修に財政的な支援を受けることができます。


まとめ

熊本の空き家を管理し、活用する際には、地域の特性や法律に注意を払いながら、賢く運営することが大切です。地域の発展に貢献しながら、貴重な資産を有効に活用しましょう!

閲覧数:18回0件のコメント

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page