top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

賃貸経営で発生する税金と節税できる税目

更新日:2022年8月7日

こんにちは!熊本のリフォーム・不動産コンサルのヒマリホームです☆


賃貸経営は相続税対策に有効であり、さらに経営で発生するさまざまな税金に対しても、節税効果が見込めるといわれています。税金対策に強いハウスメーカーに依頼することで、あらゆる節税効果を得るためのアドバイスももらえるんですよ。今回は、賃貸経営で節税できる税目について解説します。


1.賃貸経営で発生する税金の種類

賃貸経営で発生する税金は、全部で10あります。


⒈所得税…1年の不動産所得にかかる税金

⒉住民税…1年の不動産所得をもとに算出される税金

⒊事業税…賃貸経営を事業としている場合に事業所得にかかる税金

⒋都市計画税…土地計画で指定されている市街化区域内の土地と建物にかかる税金

⒌固定資産税…土地と建物にかかる市区町村税

⒍不動産取得税…不動産を取得した時にかかる都道府県民税

⒎登録免許税…不動産登記の際に法務局に納める国税 ⒏印紙税…建築工事の契約書などに印紙を貼り付ける際に払う税金

⒐相続税…相続によって不動産など財産を取得した際その財産にかかる税金

10.贈与税…財産を受け継いだ際にその財産にかかる税金


2.賃貸経営で節税できる税目

賃貸経営で発生する税金10のうち、節税できる税目は


所得税…減価償却や損益通算

住民税…減価償却や損益通算

事業税…経費の幅の広がり

都市計画税…住宅用地の軽減措置

固定資産税…住宅用地の軽減措置

相続税…評価額の差異と貸家建付地

贈与税…特例贈与財産の税率適用による節税

賃貸経営で発生する税金は、確定申告・保有時・建築時の3つのタイミングにより異なります。


税目それぞれの節税対策の仕組みは異なりますが、多くの場合、正当な方法で節税ができるので、損することないようよく理解しておきましょう!


熊本でリフォーム・不動産コンサルをお探しなら、お客様満足度90%以上のヒマリホームまで、ぜひお問い合わせください^^


閲覧数:6回0件のコメント

ความคิดเห็น

ได้รับ 0 เต็ม 5 ดาว
ยังไม่มีการให้คะแนน

ให้คะแนน
bottom of page