top of page
  • 執筆者の写真堀田紗江

火災保険が適用されるリフォームの条件

こんにちは!熊本のリフォーム・リノベーションのヒマリホームです☆


家の中でも屋根や外壁、雨樋、外構などは常に風雨に晒されているため、定期的なメンテナンスや修理が必要です。


特に昨今では豪雨や台風など自然災害が頻発しており、破損による雨漏りが起きやすくなっていますよね。


家の修理のためのリフォームは決して安い買い物ではありません。場合によっては高額な費用を要する場合も。


そんなときに活用できるのが、火災保険です。


今回は、家の修理に活用できる火災保険が適用されるケースとそうでないケースについて解説します。


火災保険が適用されるのは自然災害による損害!

雨・風・雪・雷などの自然災害が原因で家が被害を受け、修理が必要となった場合に修理費用を火災保険で賄うことができます。


火災保険が適用される自然災害による家の損害例は以下のとおり。


・台風の飛来物で外壁にヒビが入った

・強風で瓦が飛んで雨漏りが起こった

・大雨で床上が浸水した

・雷が落ちてカーポートが破損した


火災保険が適用されないケース

自然災害が原因による損害でも、次の場合は適用されないので注意しましょう。


・経年劣化である損害である

・損害が発生して3年以上が経っている

・リフォームや初期施工のミスによる損害である


つまり、火災保険が適用されるのは、経年劣化や故意による破損ではなく、3年以内に発生した自然災害による損害であるということです。


ただし、地震による損害は火災保険ではなく地震保険で補償されます。


困ったときは自然災害鑑定士に相談を!

「屋根が破損しているけど、経年劣化なのか自然災害による損害なのかわからない…火災保険は適用されるの?」


こういった状況は往々にしてあります。損害の発生が目の前で起こるなら判断がつきますが、ほとんどの場合はしばらく経ってから損害の発生に気付くからです。


このような状況を正しく判断し、火災保険の活用について的確にアドバイスしてくれる専門家が、自然災害鑑定士です。


手出しすることなく修理ができたら、家計にも急な負担を与えません。状況が不明のときは、自然災害鑑定士に診てもらいましょう。


まとめ

火災保険が適用されるケースとそうでないケースについて解説しました。


ただし、火災保険の補償内容や適用条件の詳細は保険会社によって異なります。


知らずに損することがないよう、困ったときは、自然災害鑑定士に依頼しましょう!


ヒマリホームは、中古住宅の賢い選び方・買い方について提案し、快適・安心・エコな暮らしを提供しています。


熊本のリフォーム・リノベーションなら、施工実績ナンバーワンのヒマリホームまで、お気軽にご相談ください☆

閲覧数:9回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page